top news overview program call about us archive contact link
Laval Virtualについて  

IVRCでは、2004年度からフランス Laval Virtual と提携し、相互に優秀作品の招待を行っています。

今年のLaval Virtualでの学生コンテスト「Village de la Creation」では数多くの作品が発表され、審査員は熱のこもった会場で真剣に発表する学生たちと、英語、フランス語、時にはかたことの日本語で審査講評を行いました。 ここに最終選考に残った二つの作品を紹介します。

 作品紹介  

『scope』

(L'Ecole de Design Nantes Atlantiques + Master Arts et Metiers ParisTech Laval)

Augmented Reality(AR)が、旧来からある触れるゲーム(tangible toys)にどのような新しいインタラクションの方法を与えられるか、という挑戦のゲーム作品です。床に寝ころんで遊ぶ子供がAR技術を組み込んだレゴのようなおもちゃで戦略シミュレーションゲームを遊びます。コマンドはすべてHMDとARタグを使った視線で入力する点が特徴です。

本作品はIVRC 2009に招待され、展示を行います。 またLaval VirtualにおけるSIGGRAPH E-Tech賞も受賞しました。8月にアメリカで開催されるSIGGRAPH 2009で発表予定です。

『Qui suis-je ?』

(ATI CEN Paris 8)

次点で惜しくも日本行きを逃しましたが、非常にかわいらしい作品です。ふたり一組で体験し、AR技術を使って顔にぬいぐるみをかぶせます。自分についての質問とやりとりをして、パートナーと楽しい時間を過ごします。 フランス側のコンテストでは最優秀賞を勝ち取りました。ARタグやVirtoolsでのビデオ合成の使いこなしもさることながら、装置のデザインや世界観が「カワイイ」ことが審査員の中でも高く評価されていました。パリ第8大学の美術系の女子学生ふたりによる作品です。

I V R C (c) 1 9 9 9 - 2 0 1 9