IVRCユース部門説明会について

- 7月11日(土) 14:00-15:30 立教池袋中学校・高等学校

 どなたでもご参加いただけます。こちらのフォームより7月8日までにご登録ください。説明会参加登録フォーム

本年度スケジュール

- 8月31日:ビデオ審査

- 9月13日:決勝大会通過通知

- 10月24-25日:決勝大会@日本科学未来館

ビデオ審査

締切は8月31日17:00です。

投稿時には下記の情報をメールに記載し、ivrc-youth@googlegroups.com までお送りください。

*は必須項目となります。

————————————————

*チーム名
*代表者氏名
*他のメンバー氏名
*学校名
*代表者メールアドレス

・メーリングリスト

  メンバー全員に連絡が行き届くメーリングリストのアドレス
*代表者電話番号
*Skype ID (直接窓口用)
*200字程度の企画の概要
*600字程度の企画の目的
*600字程度の体験の流れ
*600字程度のシステムの実装
*5分以内の動画データ(URL)
  一次審査ではこの動画の内容が審査の中心となります。
  展示の魅力や体験の様子などがわかる動画をご用意ください。
  実際に開発されたプロトタイプを用いて動画内で企画が説明されることを強く推奨します。
  YouTubeや各自ファイルサーバーにアップいただきそのURLを送信ください。
  動画のサイズは200MB以下で作成ください。
  動画のファイル形式はmovやmp4を推奨しています。
*図(JPG、PNG)
  その図を見ることで企画がイメージできるもの
  容量が大きい場合(合計が10MB以上になってしまう場合)は各自サーバー等にアップいただき、
  ダウンロードするためのURLをお知らせください。
*フロアプラン図(PDF)
  決勝大会の会場でどのようにシステムをレイアウトするか
  展示レイアウトは、1.8m × 0.9mを想定して記入をお願いします。

————————————————

ご質問はこちらまで:ivrc-youth@googlegroups.com

————————————————

昨年度年度の様子

ユース部門・金賞: HauntedOculus
(チーム:数理研究部3D 立教池袋高等学校)

ユース部門・銀賞: I with Eyewash
(チーム:チーム:グンマー帝國特殊部隊”Gungle” 群馬工業高等専門学校)

ユース部門・銅賞: Shadowgraph
(チーム:SpicyVI 松本工業高等学校)

ユース部門・Microsoft賞: HauntedOculus
(チーム:数理研究部3D 立教池袋高等学校)

ユース部門・未来観客賞: HauntedOculus
(チーム:数理研究部3D 立教池袋高等学校)

2013年度の様子

ユース部門・金賞: Run without Legs
(チーム:UrTKG 東京工業大学附属科学技術高等学校)

ユース部門・銀賞: The Time
(チーム:DREAMpact 木更津工業高等専門学校)

ユース部門・銅賞: Responsive Forest
(チーム:ファラビット 麻布学園)

ivrc2013-youth-results

 

2012年度の様子

ユース部門・金賞: 裾メモリー
(チーム:アカデミックパック 東京工業大学附属科学技術高等学校)

Youth2012-a... Youth2012-a... Youth2012-a...

 

ユース部門・銀賞: 電言板 ~手書きのぬくもり~
(チーム:SDG 木更津工業高等専門学校)

Youth2012-b... Youth2012-b... Youth2012-b...

 

概要

国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、バーチャルリアリティやロボットといった先端技術を用いたインタラクティブな作品のコンテストです。1993年から開催され、バーチャルリアリティの枠にとらわれない独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきました。

「バーチャルリアリティ」「ロボット」と言うと高価で特殊な機械を使って実現するものというイメージがありますが、実際は手作りの装置で表現できることがたくさんあります。このコンテストの狙いは、参加者がインタラクティブ(相互作用的)なシステムを企画し、デバイスを自作したり、コンテンツを作り込んだりすることで、インタラクティブ技術を深く理解すると共に、より身近なものと感じる様になることにあります。

IVRCはコンテストという形態を取っていますが、行政・企業・学会が一体となって「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成するための21世紀型の教育システムを形作る試みでもあります。その実績は国際的にも高く評価され、世界最高峰のVR技術の展示会SIGGRAPHやVRアート作品の展示会Ars Electronicaなどで高く評価されています。

2012年度からは、VRシステム研究者の裾野を大きく広げるために高校生(高等専門学校の同学年生を含む)を対象とした「ユース部門」が新設されました。

リンク

一般学生部門

来場者向け情報