決勝大会案内

本大会では、応募作品のうち、厳しい書類審査・プレゼンテーション審査をくぐり抜けた作品に加え、Laval Virtualからのシード作品、並びに今年はアメリカのカーネギーメロン大学(CMU)からの作品が一堂に実演展示を行います。

未来館の一般来場者による投票と学識経験者などによる審査を行い、各賞が決定します。

要項

  • 日時 : 2010年8月23日~25日(23日は設営日)
  • 会場 : 日本科学未来館
  • 出展内容 : 決勝大会進出を決めた作品の実演展示
  • インタラクティブ東京・IVRC2010パンフレット :
  • 審査日時:8月24日(火)
    8月24日
    10:00-16:30一般公開
    10:00-15:00審査コアタイム
    15:00-16:30審査委員会
    17:00-   表彰式
     

会場案内

  • 臨海副都心 国際研究交流大学村 日本科学未来館
rainbow01.jpg village.jpg
  • りんかい線 東京テレポート駅 徒歩10分
  • 新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車、徒歩約4分、「テレコムセンター駅」下車、徒歩約7分


出場作品一覧

じょりじょり
髭剃り特有の感覚を再現する「じょりじょり」. 「じょりじょり」は,髭がなくても様々な髭を剃ることができます. さあ皆さんもご一緒に, れっつ じょり~じょり~♪
ハイジ (HIGE)
大阪大学大学院情報科学研究科

ひとめぼれ実験装置 -Hitomebore-
本作品はバーチャルな運命の人をリアルに探し当てる実験装置である。体験者はロマンチックに演出された空間で様々な異性に出会う。その動揺を分析する事で、体験者は運命の相手と本当に出会うことができるかもしれない。
ひとめぼれ
神奈川工科大学 服部・白井研究室合同チーム

ふとんがふっとんだ!!
ふとんがふっとんだ!!は睡眠時に落下するような感覚(ジャーキング現象)と、布団が 吹き飛ぶ動作を用いた目覚ましシステムです。ユーザはベット自体が落下し、擬似ジ ャーキングを体験することができます。また、落下と同時に布団が飛んで行き、睡眠に適 した環境を奪い、再び眠りに就くことを防ぎます。
とぶケバブ
金沢工大学園 小坂研究室

マッチすりの少女
身の回りのモノをこすってみよう! このマッチは、身の回りのモノをこすると火が灯る魔法のマッチです。 こすったマッチをかざすと、童話『マッチ売りの少女』のように壁が明るくなり、物語がはじまります。
ほたる
慶応義塾大学環境情報学部筧康明研究室

超みそ汁
 本企画は、お椀に入ったみそ汁を手を触れる事なく滑らしてカッコ良く相手に渡すことを目的としています。みそ汁の熱によって温められたお椀の底の空気の膨張によってみそ汁の入ったお椀が滑り出す現象に着目し、ペルチェ素子を使い安定してみそ汁の入ったお椀をお椀の底の空気を温めることでお椀が滑り易い状況を作ります。また、利用者の指にはめる指輪とお椀に磁石を用いることで浮いたお椀を手の動きによってあたかも念力を使っているかのごとく制御することでお椀に直接触れる事なくお椀を滑らします。
幻魔大戦
慶應義塾大学メディアデザイン研究科

HINOCO ~カーテンに棲む生き物~
誰の家にでもあるただのカーテン? いやいや、このカーテンには謎の生き物“HINOCO”が棲んでいます。 実際にカーテンに触れてみてください。 ”HINOCO”はあなたの関わり方次第で、いろんな動きをするでしょう。 カーテンが映し出す不思議な世界を皆さんも感じてみませんか??
黒糖ふがし
豊橋技術科学大学

Sound Forest
 プレイヤーは聴覚と触覚を使って対象を探し、存在すると感じる場所に直接的に触れ、振動によってその存在を感じとる。「感じて、探して、触って、感じる」体験をすることを目的とする。視覚だけに頼って対象を探す受け身の態勢から脱却し、聴覚と触覚を使っての能動的な対象の探索を促す。  森の中を想定し、プレイヤーは”しまぶん”の音を追って巣に触れたり、切り株の中の小さな動物に触れたりして感じ取る。
3プリング周波数
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

Sense-Roid
抱き合う。それは親友同士なら信頼、家族同士なら親愛、恋人同士なら恋愛の情を喚起させる。では、自分自身を抱きしめたら一体何を感じるのだろうか。Sense-Roidは自分自身との抱擁を実現する。そこで芽生える情が如何なものであるのかを体験して頂きたい。
こうしゅうはせいぶん
電気通信大学 電気通信学部 人間コミュニケーション学科4年 梶本研究室 

Tag Candy
Tag Candyは拡張現実感を用いて食材の食感を変える作品です。 例えばコーラ味のキャンディを舐めると、炭酸感を振動スピーカによって体験できます。 その他にも様々な味に対応した食感のバリエーションがあります。
チーム・キメラ
慶應義塾大学環境情報学部 筧康明研究室

A/D Dance
「A/D Dance」は画面に映った自分が音楽の拍に合わせて振動することで、ロボットダンスを踊っているように感じることができ、遊んでいるだけで自然とダンスがうまくなる作品です。
参天
神戸大学大学院工学研究科 塚本研究室

Immersive Rail Shooter
クラシックなシューティングゲームの本質的要素を、物理的な物体にさわれるインタフェース次元に与えることで再構築しました。遊び場として空間と家具を使うことで、体験者の体は激しい射的ゲームに釘付けになります。
Immersive Rail Shooter
L'Ecole de Design Nantes Atlantique, France

Project Mirage
Project Mirage は四人のプレイヤの真ん中にフォグスクリーンを通してお互いを見ることができる拡張現実(AR)プレイスペースを創ります。フォグスクリーンの物体透過性を生かし、プレイヤは自分達の間にある空間に直接手を差し入れて操作ができます.
Team Mirage
Carnegie Mellon University

大縄オーケストラ
「大縄オーケストラ」は、大縄跳びの参加者が一体となって跳ぶことで、一つの音楽を完成させる参加型の作品です。それぞれの参加者は、自分の担当するパートをバーチャルな縄を跳ぶことで演奏します。
Sugar & Beans
お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 理学専攻 情報科学コース 椎尾研究室

パランガ
最近電子書籍が流行っていますが,本のページをパラパラとめくる楽しさを忘れていませんか?パラパラまんがをバーチャルに再現する「パランガ」で,もう一度ページをめくる楽しさを思い出してください!
チーム TERIYAKI
大阪大学大学院情報科学研究科

I V R C  (c) 1 9 9 9  - 2 0 1 8