Image Image Image 01 Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

.

タグ

Scroll to Top

To Top

#SIGGRAPH | IVRC History Archive - Page 2

風景バーテンダー (2007)

barten

酒豪 / 北陸先端科学技術大学院大学

[作品概要]

ある町の片隅にある小さなバー.ここにいるバーテンダーは,一杯のグラスに世界を創り出す.その世界の風景は,お客を幸せな気持ちにしてくれる.バーテンダーはあなた自身.さぁ,今日はどんな風景を作りますか?

[文献]
Takahiko Noda, Kentarou Nomura, Naoyuki Komuro, Tao Zheng, Chen Yang, and Kazunori Miyata. 2008. Landscape bartender: landscape generation using a cocktail analogy. In ACM SIGGRAPH 2008 new tech demos (SIGGRAPH '08). ACM, New York, NY, USA, , Article 21 , 1 pages. DOI=10.1145/1401615.1401636

[ 決勝大会映像 ]

虫 HOW? (2007)

mushi-460x310

たまごちゃん / 電気通信大学

[作品概要]

「私の腕の上を何かが這っているよ,お母さん!あ,洋服の中に入ってきちゃうよー.」…ふふふ,ぞくぞくするでしょ,さわさわするでしょ.どんな感じかな?気持ち悪い?でもなんだかおもしろい?
本作品は,専用のグローブを装着して,画面上に表示されている虫に触れることで,手の甲から腕へと虫が
這って行くようなぞわぞわとした感覚を体験できる不思議な作品です.

[文献]
Keiji Sato, Yoshimi Sato, Michi Sato, Shogo Fukushima, Yu Okano, Kanako Matsuo, Sayaka Ooshima, Yuichiro Kojima, Rika Matsue, Satsuki Nakata, Yuki Hashimoto, and Hiroyuki Kajimoto. 2008. Ants in the Pants. In ACM SIGGRAPH 2008 new tech demos (SIGGRAPH '08). ACM, New York, NY, USA, , Article 3 , 1 pages. DOI=10.1145/1401615.1401618

[ 岐阜本大会映像 ]

[ 記事 ]

COGAME (2006)

cogame-460x310たて

MEGARS / 東京大学

[作品概要]

てらして,つなげる,協調ゲーム.…それがCoGAME (コガメ)です.

プロジェクタによって道を照らしてあげると,カメさんが歩き始めます.友達と協力して,ゴールまで導きましょう!さぁ,あなたも新感覚の誘導ゲームにチャレンジ!

審査員特別賞(技術賞)受賞

[文献]
Kazuhiro Hosoi, Vinh Ninh Dao, Akihiro Mori, and Masanori Sugimoto. 2007. CoGAME: manipulation using a handheld projector. In ACM SIGGRAPH 2007 emerging technologies (SIGGRAPH '07). ACM, New York, NY, USA, , Article 2 . DOI=10.1145/1278280.1278283

[ 東京予選大会映像 ]

ビュー・ビュー・View (2006)

Blue Elephant / 電気通信大学

[作品概要]

ビュービュー View では息を吹きかけて画面の中に風を送り込んだり,画面から直接風が出たり,風を通じて現実世界と画面の中の世界が繋がっているような感覚を体験できます.
このシステムでは風の通る特殊なスクリーンを使用しています.スクリーンの後ろには入力を感知するための風力センサが複数並べてあります.また,電磁バルブでコンプレッサの圧縮空気を制御し,スクリーンから風を噴出しています.

岐阜VR大賞 受賞

SIGGRAPH 2007 etech 出展

文化庁メディア芸術祭 アート部門優秀賞 受賞

[文献]
Erika Sawada, Shinya Ida, Tatsuhito Awaji, Keisuke Morishita, Tomohisa Aruga, Ryuta Takeichi, Tomoko Fujii, Hidetoshi Kimura, Toshinari Nakamura, Masahiro Furukawa, Noriyoshi Shimizu, Takuji Tokiwa, Hideaki Nii, Maki Sugimoto, and Masahiko Inami. 2007. BYU-BYU-View: a wind communication interface. In ACM SIGGRAPH 2007 emerging technologies (SIGGRAPH '07). ACM, New York, NY, USA, , Article 1 . DOI=10.1145/1278280.1278282

[ 東京予選大会映像 ]

INVISIBLE ~影を追う者~(2005)

各務原市長賞, Laval Virtual賞

Team Shadow /奈良先端科学技術大学院大学

[作品概要]

本作品は「間接的な情報のみを提示することで,立体的な像を提示せず本体の存在を錯覚させる」というコンセプトに基づき製作されたゲームであり,一人が3次元位置と傾きを計測することで影の映像を投影するライトでゴブリンの影を照らし,それを頼りにもう一人が吸込感を提示する振動モータと吸込んだ際に重量を変化させる重さ提示部から構成される掃除機型のデバイスを用いてゴブリンを捕獲するという内容になっています.
本大会までには苦労も多々有りましたが、自分達で企画・製作した作品を多くの人に体験して頂くという貴重な経験が出来たことを大変嬉しく思います.今後も更なる改良を加え,Laval の方々にも楽しんで頂ける作品にしたいと思います.

Laval Virtual 2006, SIGGRAPH 2006 Etech

[文献]
Yoshinobu Nakano, Haruka Ouwa, Kenji Kawashima, Hitomi Komura, Masayuki Sagano, Taku Shirazawa, Soshi Tsujimura, Masako Fukushima, Masayuki Yamazaki, Yasuhiro Yoshimura, Daisuke Watanabe, and Kunihiro Chihara. 2006. INVISIBLE: the shadow chaser. In ACM SIGGRAPH 2006 Emerging technologies (SIGGRAPH '06). ACM, New York, NY, USA, , Article 19 . DOI=10.1145/1179133.1179153

[ 岐阜本大会映像 ]

Conspiratio(2004)

総合優勝 /Laval Virtual Award/ 明和電機社長賞

ちきゅうびと
地球人         /電気通信大学

[作品概要]

「Conspiratio」は,吸うという行為の楽しさ新鮮さ,唇に伝わる感覚の心地よさを体感可能な作品である.吸い込む際の感覚を提示するため,「ストロー」を用いたインタフェース,SUI(Strawlike User Interface) を考案した.

SUI は,ストロー内の圧力制御とスピーカによる振動を使って吸い込む感覚を提示することができる装置である.圧力は,SUI 内に取り付けた弁をソレノイドとサーボモータで開閉することで制御している.圧力がどう変化したかは,SUI 内の圧力センサで読み取っている.振動は,スピーカをストローに密着させ,スピーカの振動を直接ストローに伝えている.

この作品では,食べ物を吸い込む感覚を体験できる.スクリーンに投影した食べ物の絵の上に SUI を置いて吸い込む動作をすると,食べ物の絵によってSUI が様々な圧力変化と振動を提示し,本当にその食べ物を吸い込んでいるかのような感覚が得られるのである.

食べ物を吸い込む感覚を出すため,実験装置を自作して実際に様々な食べ物を吸い込み,圧力・振動・音などをサンプリングした.このサンプリングデータを元にSUI を動作させているため,非常にリアリティの高いものになっている.また,味覚や香りを加えた「食感」を敢えて提示せずに吸う感覚のみを抽出することで,吸うこと自体の楽しさを追及している.

[受賞]

ACE2005 Excellent Paper Prize

学生CGコンテスト 佳作

第9回文化庁メディア芸術祭 奨励賞

インタラクション2005 ベストインタラクティブ発表賞

デジタルスタジアム アウォード作品

[出展]

Laval Virtual2005

SIGGRAPH2005 Etech

Euro Haptics2008

ARS Electronica 年間常設展示

WIRED NextFest2006

[文献]
Yuki Hashimoto, Naohisa Nagaya, Minoru Kojima, Satoru Miyajima, Junichiro Ohtaki, Akio Yamamoto, Tomoyasu Mitani, and Masahiko Inami. 2006. Straw-like user interface: virtual experience of the sensation of drinking using a straw. In Proceedings of the 2006 ACM SIGCHI international conference on Advances in computer entertainment technology (ACE '06). ACM, New York, NY, USA, , Article 50 . DOI=10.1145/1178823.1178882

Yuki Hashimoto, Naohisa Nagaya, Minoru Kojima, Satoru Miyajima, Junichiro Ohtaki, Akio Yamamoto, Tomoyasu Mitani, and Masahiko Inami. 2006. Straw-like user interface: virtual experience of the sensation of drinking using a straw. In Proceedings of the 2006 ACM SIGCHI international conference on Advances in computer entertainment technology (ACE '06). ACM, New York, NY, USA, , Article 42 . DOI=10.1145/1178823.1178873

[ 岐阜本大会映像 ]

Dis-Tansu(2003)

tansu

Tasmania / 多摩大学

[ 作品概要 ]

『Dis-Tansu』はタンス中にバーチャル世界を構築した映像インタラクション作品である.
タンスの引き出しの内部に液晶モニターがあり,そこに様々な映像を映し出すことで,タンスの中に架空の世界を収納している.そして体験者はタンスを引くことでその世界を覗くことが出来る.

タンスの引き出しの移動量を検知し,描画する映像をリアルタイムに変更している.例えば,タンスの引き出しを開けると,そこには水が溜まっており,その上にはおもちゃのひよこが浮いているというコンテンツがある.体験者が引き出しを揺らしたり,出し入れしたりすると引き出しの動きに合わせて水面が波立ち,ひよこがその波に揺られるようになっている.このように,体験者はただ引き出して見るだけでなく,引き出すスピードなどによって内部の界に影響を与えることができる.さらに水の動きなどがタンスを引き出す力として力覚フィードバックされる.

引き出しが閉じた状態でしばらく経つと,中身は自動的に変わる.作品の特徴を引き出すために,中身は複数用意されている.恐竜,猫,アヒルなど引き出しを開ける度にタンスの中身やその形状が変わっていることが,体験者をワクワクさせる.加えて各部分にアニメーションが付いているなど各所に工夫があり,楽しい作品になっている.

引き出しを覗き込む時の視点はある程度予測できる.引き出しは引き出す動きしかしないので,引き出しに固定された画面への予測視点からの変換は,引き出しの開いている長さのみによって決めることができる.本システムでは,画面を斜めに設置し引き出しの動きに合わせた映像を提示することで,動的な視差による立体感の提示を行っている.

誰もが,タンスが目の前にあれば,まず引き出しを開けてみると思う.このとても自然な行為でインタラクションをすることが出来る作品である.

[受賞]

各務原市長賞 受賞

[文献]

SIGGRAPH 2004 Chair's Prerogative Exhibit http://www.siggraph.org/s2004/conference/etech/tansu.php?=conference

Yasuo Takada, Sawako Matsumura, Shinri Sano, Norimichi Idehara, Proceeding SIGGRAPH '04 ACM SIGGRAPH 2004 Emerging technologies, p.4 10.1145/1186155.1186160

[ 岐阜本大会映像 ]

フレグラ(2003)

フレグラ

和田おろし / 奈良先端科学技術大学院大学

[作品概要]

『フレグラ』は,香りで判別するゲームである.インタラクティブに香りを体験することを可能にしている.体験者は,香り提示装置「かおりちゃん」(図1)を身につけ,HMD(Head Mounted Display)からの映像をもとに,手を用いてバーチャル空間内の物体の香りを嗅ぐことができる. 「かおりちゃん」は体験者が仮想世界内で掴んだ果物の種類によって,それぞれの香りを体験者に排出する装置である.装置の仕組みは,いくつかの空気タンクにあらかじめ香り付き空気をためておき,状況に応じ各タンクから,チューブを通して,コンプレッサで香り付きの空気を体験者の顔に噴出している. ゲームの設定は,とある森に様々な食べ物が実る不思議な木があるというものである.食べ物を掴んで顔近づけると,「かおりちゃん」が香りを発生させる仕組みになっている.しかし,体験者に提示される香りは,HMD で見えている映像 ( 図 2) と必ずしも一致しな視覚情報に惑わされることなく,自らの嗅覚を頼りに正 確にその香りを嗅ぎ分けることが,ゲームの目的である. 操作は,多くの人に気軽に楽しんでもらえるように,全て右手一つで行うことが出来,単純でとても分かりやすく直感的なものに工夫されている.そのため,子供でも簡単に操作することが可能である.

[文献]
Arito Mochizuki, Takashi Amada, Sayuri Sawa, Tadayuki Takeda, Shogo Motoyashiki, Kazuhiro Kohyama, Masataka Imura, and Kunihiro Chihara. 2004. Fragra: a visual-olfactory VR game. In ACM SIGGRAPH 2004 Sketches (SIGGRAPH '04), Ronen Barzel (Ed.). ACM, New York, NY, USA, 123-. DOI=10.1145/1186223.1186377

[ 岐阜本大会映像 ]

THE DIMENSION BOOK(2002)

DSC00050

DEMENSION / 武蔵野美術大学,東京大学

[作品概要]

本企画は、物体の持つ様々な特性を、体験者に改めて深く知覚して貰う事が目的である。
物体は、その表面に光が反射する事によって視覚する事が可能となる。この為、視覚する時の視線の変化や、光の強弱によって物体の見え方は様々に変化する。しかしながら、視覚行為と光との関係は、非常に密接であるにも関わらず、現実の環境光を反映させて画像を描画する画像装置の実現は進んでいないのが現状である。
本企画では、正確な三次元空間における位置計測と、環境光の入力可能なセンサを、液晶ディスプレイに搭載する事によって、視線の変化や光の強弱により描画される物体が変化するディスプレイ装置を実現した。
また、本企画で動作させるアプリケーションは、視線や光の変化によって、最も効果的に知覚的な変化を楽しめる物体として、三次元コンピュータグラフィックスによって描画した錯視立体図形を利用する事にした。

[文献]
http://www.siggraph.org/s2003/conference/etech/dimension.html

[ 大会映像 ]

バーチャルチャンバラ(2000)

DSC01552

ARIEL / 東京大学

[作品概要]
回転する錘を急停止する際の慣性力で、剛体同士がぶつかった際の触覚を提示するシステムです。これを使ってCGキャラクターとのリアリティのあるチャンバラを実現しました。

DSC01557

DSC01595

 

DSC01555

 

[文献]
Daijiro Koga and Takahiro Itagaki. 2002. Virtual Chanbara. In ACM SIGGRAPH 2002 conference abstracts and applications (SIGGRAPH '02). ACM, New York, NY, USA, 83-83. DOI=10.1145/1242073.1242118

 

Newer →
1 2