決勝大会

 決勝大会は、DIGITAL CONTENT EXPO 2013と同時開催で、10月24日(木)~26日(土)に開催されます。

 予選大会を通過したチームが、約1ヶ月のブラッシュアップ期間を経て完成した作品を、お台場の日本科学未来館にて実演展示します。決勝大会には、予選通過各チームのほか、フランスのLavalVirtual学生コンテストを勝ち抜いた招待チームも参戦し、総合優勝の座を競います。

 最終日には、高校生による「ユース部門」の作品展示も行われます。今年は昨年の倍となる4作品が書類審査を勝ち上がり、展示を行います。

 最終日の展示終了後、各賞の表彰式が行われます。

 審査委員が展示されている各作品を体験し各賞を決定するほか、一般来場者による人気投票でもっとも多く票を集めたチームには「未来観客賞」が贈られます。

審査結果

<一般学生部門>
総合優勝(副賞:賞金30万円(SIGGRAPH 2014研修旅費として)、SIGGRAPH 2014投稿サポート) バーチャルロープスライダー(チーム:ターザンロープ愛好会、慶応義塾大学)
日本VR学会賞(副賞:賞金5万円) おもみ調味料 グラビトミン酸(チーム:福、慶応義塾大学)
川上記念特別賞(副賞:賞金1万円) 誰がそのジャケットを縫うんだい?(チーム:Studioヤブリ、北陸先端科学技術大学院大学)
審査員特別賞(副賞:賞金1万円) 茶禅空(チーム:green lab.、関西大学)
Laval Virtual Award(副賞:Laval Virtual ReVolution 2014 招待、トロフィー) バーチャルロープスライダー
明和電機社長賞(副賞:明和電機ジャーナル1号2号、オタマトーン、明和電機オリジナルシール、明和電機忘年会参加券) 花水(チーム:花水職人、筑波大学)
クリスティ・デジタル・システムズ社賞(副賞:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 入場チケット)
誰がそのジャケットを縫うんだい?
ソリッドレイ研究所賞(副賞:特製ネーム入り掛け時計) 茶禅空
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン賞(副賞:Unity Asset Store Credit Voucher $300)
バーチャルロープスライダー
<ユース部門>
金賞(副賞:賞金3万円) Run without Legs(チーム:UrTKG、東京工業大学附属科学技術高等学校)
銀賞(副賞:賞金1万円) The Time(チーム:DREAMpact、木更津工業高等専門学校)
銅賞(副賞:賞金1万円) Responsive Forest(チーム:ファラビット、麻布学園)
<部門共通>
未来観客賞(副賞:賞金1万円) バーチャルロープスライダー

会場

日本科学未来館

日本科学未来館 (アクセス) 

  • ゆりかもめ 「船の科学館駅」から徒歩約5分 「テレコムセンター駅」から徒歩約4分
  • りんかい線 「東京テレポート駅」から徒歩約15分

1階 オリエンテーションルーム2(OR2) フロアマップ

スケジュール

  • 10月24日(木)
    • 10:00 ~ 17:00 作品展示
      • 一般学生部門
  • 10月25日(金)
    • 10:00 ~ 17:00 作品展示
      • 一般学生部門
    • 11:00 ~15:00 DCExpo TV ch.1 「展示レポート」内で,IVRC展示ブースの紹介も行われる予定です。
    • 15:00 ~ 17:00 DCExpo TV ch.1 にて,出場チームのインタビューを放送します。
  • 10月26日(土)
    • 10:00 ~ 16:00 作品展示
      • 一般学生部門
      • ユース部門
    • 16:00 ~ 17:00 表彰式

出展作品一覧(一般学生部門)

[1] 誰がそのジャケットを縫うんだい?
Studio ヤブリ (北陸先端科学技術大学院大学)

漫画の主人公のように服を破きたいか!?『誰がそのジャケットを縫うんだい?』では,力むことで自分の着ている服がはじけ飛ぶ感覚が体験出来ます.さあ君も,漫画やアニメーションの登場人物のように,力を入れて服をはじけ飛ばそう!


[2] 茶禅空
green lab. (関西大学)

茶道には独特の精神世界がある。それは、所作や型に“集中”することによって感覚が研ぎすまされていく体感である。本企画では、体験者が茶を点てる動作に集中すると、徐々に視野の広がりや周囲の音、風を感じ、点て上がりには抹茶の香りが漂い、茶碗の温かさを感じることで、「茶道における集中」が高まった状態を疑似体験できる。


[3] 花水
花水職人 (筑波大学)

花水-hanasui-は花火を超える全く新しい花火の創造をコンセプトにしたシステムです.火薬の代わりにミストとプロジェクタを利用することにより,花や雪の結晶などが散布するように見せ,同時に様々な音を奏でます.花水が作り出す幻想的な世界に足を踏み入れてみませんか?


[4] バーチャルロープスライダー
ターザンロープ愛好会 (慶應義塾大学)

私たちが作成したバーチャルロープスライダー体験装置に乗ることによって,バーチャル空間や,本来ロープスライダーができないような場所などで,ロープスライダーに乗って進んでいる感覚を体験することができます.


[5] おもみ調味料 グラビトミン酸
福 (慶應義塾大学)

食事を行う際に影響があると一般的に考えれらている,視覚,嗅覚,味覚という感覚の他に,私たちは重さを感じる力覚というものも味わいに影響を与えていると考えた.我々は重さという情報から「固さ」や「密度」を予測している.持った際に重い食品に対しては,中身がぎっしりつまっていたり,重厚な歯ごたえがありそうなことを経験から期待する. 本体験では,こうした重さから受ける食に対するイメージを利用し,食べ物に対して重さを与えることで固さや大きさ,高級感などの感覚に影響を与える重み調味料を制作する.


[6] じぶんしぼり
3種のZingies (慶應義塾大学)

本企画では、「自分の体を雑巾のように自分でしぼる」という体験をバーチャルで実現し、自分の体に“しぼられ感”を得られるVRシステムを提案する。小さなマネキンを操作することで、自分の体がしぼられたかのような触感を視覚効果と共に得ることが出来る。


[7] Toppars ~必死な気持ち~
無病息災倒立紳士 (豊橋技術科学大学)

「Toppars」はみんなの気持ちを受けて、危ないところも何とか踏ん張るロボットです。ステージから落ちてしまいそうな「Toppars」をうちわで扇いで支えていただきたいと思います。皆さんの必死な気持ちで「Toppars」を助けよう!


出展作品一覧(ユース部門)

Responsive Forest
チームファラビット (麻布学園)

植物に向かって踊りをささげることで、小さな芽が出て、その木が徐々に成長し、しまいには大木になるまで育つという<非現実>なファンタジーを体感することのできるシステムです。


Virtual Tennis
ball boys (東京工業大学附属科学技術高等学校)

画面上に映しだされた自分自身とテニスをすることで、自分自身の弱点や癖などの知り、自分のプレースタイルを見直すきっかけを提供するものです。


The Time
DREAMpact (木更津工業高等専門学校)

時計の針に触れるという体験を通して、「時間」の流れに逆らうことや、「時間」そのものを変えてしまうという非現実的な行為を提供し、「今」という「時間」を生きることの大切さを感じてもらう作品。


Run without Legs
UrTKG (東京工業大学附属科学技術高等学校)

ディスプレイ上に突き立てた二本の指を脚に見たてて、指を脚のように動かすと、画面上のキャラクターが動き出し、実際に歩いているかのような感覚をつくりだすアプリケーションです。