IVRCとは

 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、学生が企画・制作したインタラクティブ作品の 企画力・技術力・芸術性 を競うコンテストです。1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきました。

ivrcphoto1.PNG

 参加チームは、第一線の研究者を中心とするスタッフと関わりながら、約半年の間、全く新しいインタラクティブ作品・VRシステムを企画し、実際にデバイスの製作やコンテンツの作り込みを行なっていくことになります。完成した作品は、体験型展示を通じて審査され、受賞作品が決定します。

 このコンテストの狙いは、参加者が作品を企画・制作し完成させることで、インタラクティブ・VR技術をより深く理解してもらうことにあります。IVRCはコンテストという形態をとっていますが、行政・企業・学会が一体となって「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあります。

 その実績は国際的にも高く評価され、世界最高峰のVR技術の展示会SIGGRAPHや、VRアート作品の展示会Ars Electronicaなどに多くの作品が採択されています。特にヨーロッパにおけるVRの総合的なイベントであるフランスのLaval Virtualとは交流が深く、2003年から相互に学生コンテストの優秀作品の招待参加を実施しています。

 また、2010年からは米国カーネギーメロン大学(CMU)の ETC (Entertainment Technology Center) と国際協定を結び、CMU内で選抜されたプロジェクトをIVRC決勝大会に招待するなど、日仏米学生の国際的な交流を行っています。

コンテストの目的

  • 自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成
  • バーチャルリアリティの啓蒙普及
  • 地域・企業・学界を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成

主催

日本バーチャルリアリティ学会

後援

文部科学省、経済産業省、フランス大使館科学技術部

協力

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 国際VRセンター

助成

公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団、独立行政法人日本学術振興会科学研究費助成事業

IVRC2013は下記の企業の皆様からご協賛いただいております

christie.pngソリッドレイ研究所ユニティ・テクノロジー・ジャパン合同会社

crescent.pngビュープラス