準備中です。

決勝大会

 予選大会を通過した作品、フランス LavalVirtual 学生コンテストから招待した1作品を実演展示します。

 一般来場者による投票と学識経験者などによる審査を行います。各作品には、学術、技術的な要素の他に、一般の来場者に対してもアピールできることが必要とされます。また、展示期間中、一般来場者投票でもっとも多く票を集めたチームには、「未来観客賞」が贈られます。

審査結果

一般学生部門

  • 総合優勝 GrandPrix
    • この腕とまれ!(チーム:かるくハルク 慶應義塾大学)
    • 副賞30万円(SIGGRAPH研修旅費として) + SIGGRAPH出展サポート
  • 日本VR学会賞
    • ViVi-EAT(チーム:魂の解放 電気通信大学)
    • 副賞5万円
  • 川上記念特別賞
    • 瞬刊少年○○(チーム:ベリーキューブ 神奈川工科大学)
    • 副賞 1 万円
  • LavalVirtual賞
    • この腕とまれ!(チーム:かるくハルク 慶應義塾大学)
    • 副賞LavalVirtual招待+トロフィー
  • 明和電機社長賞
    • かつお節ディスプレイ(チーム:カツオモーション 電気通信大学)
  • クリスティ・デジタル・システムズ社賞(協賛企業賞)
    • 瞬刊少年○○(チーム:ベリーキューブ 神奈川工科大学)
  • 未来観客賞(観客の投票により決定)
    • 瞬刊少年○○(チーム:ベリーキューブ 神奈川工科大学)
    • 副賞 1 万円
  • 審査員特別賞
    • バーチャルドクターフィッシュ(チーム:焼き魚定食 北陸先端科学技術大学院大学)
    • 副賞 1 万円

ユース部門

  • 金賞
    • 裾メモリー(チーム:アカデミックパック 東京工業大学附属科学技術高等学校)
    • 副賞 3 万円
  • 銀賞
    • 電言板 ~手書きのぬくもり~(チーム:SDG 木更津工業高等専門学校)
    • 副賞 1 万円

開催日時・会場

展示

  • 日時 : 2012年10月25日(木)~27日(土) 10:00-17:00 (最終日は15:30閉場)
  • 会場 : 日本科学未来館 7F (DCEXPOと併催)

表彰式

  • 日時 : 2012年10月27日(土) 16:10-17:00
  • 会場 : 日本科学未来館 1F センターステージ

作品一覧

一般学生部門

ViVi-EAT
 この作品は食道での飲食物の動きを感じることを目的とする。 体験者が飲食物を咀嚼して飲み込むと、そのタイミングに合わせてジャケットの上部から下部に向かって振動刺激が伝わる。これにより、飲食物が食道を通っている感覚を味わうことができる。また、食べれば食べるほどジャケットの空気袋が膨らみ、飲食物が蓄積された際に感じる胃の膨張を表現する。これらの刺激により体験者は飲食物の体内での動きを感じることができる。
魂の解放
電気通信大学梶本研究室 (The University of Electro-Communications)

この腕とまれ!
 本企画は、腕に動物を乗せるという行為をバーチャル体験できるアプリケーションである。 箱型デバイスに体験者が腕をいれることによって、鳥が腕に乗っているように感じることができるシステムである。鳥の足に掴まれたような触覚や重さ、羽ばたきの感覚と音の提示を行うことで鳥の存在を感じられる。また、腕を上下に動かすなどの行為によって鳥とのインタラクションも体験できる。  箱型デバイスを用いることで、見えない鳥が本当に箱の中に存在するかのような体験を提示することを目指す。
かるくハルク
慶応義塾大学 筧康明研究室 (Keio University)

瞬刊少年○○
本企画では、背面投影されたスクリーンに、マンガのコマと吹き出しセリフ、背景、カメラで体験者のリアルタイムのポーズが撮影され、投影される。 体験者は投影されたセリフや背景等の情報から、思うままにキャラクターを演じることで、体験者の個性を反映したマンガが1コマずつ作られていく。
ベリーキューブ
神奈川工科大学Kait Future Creators!! (Kanagawa Institute of Technology)

Anatomia
このシステムは、スポーツや医療の教育で用いられることを目標としている。実際の人の背中に骨格や筋肉の情報を投影し、利用者はこれを直接触れることで、見たい情報を選択することができるというインタラクティブなシステムである。
フランスチーム(Laval Virtual 招待作品)
ESCIN - Ecole supérieure de création interactive numérique

本企画では「あ」の持つ意味を会話や文章などによる「論理的」な理解ではなく、体験を 通じて「直感的」に理解することを促すことで、「あ」という言葉から「あぁ!(納得)」という気づ きを生み出すことを目的とする。 具体的には、「あ」の形をしたデバイスをいじくりまわすと、行為に応じて様々なシーンの「あ」の意味を体験 してもらう。
Panai
慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科Reality Media Project (Keio University)
技術指導:大塚依都美

拡張のどごし感
飲料メーカーのテレビCMを見ると,タレント達が,実際にはありえないような大きさで,のどを鳴らして何かを飲んでいる.このような音を聞くと,我々消費者は,その飲み物がなんとなく飲みたくなってしまうものである.本企画では,飲料メーカーのCMの演出に着目し,それらを自分の体で感じることのできる体験を提供する.缶を開け,グラスに注ぎ,一気に飲み干す動作に連動して,CMのような効果音の演出が施される.体験者は,この演出によってのどごし感が拡張される様子を体感する.
のどごし一番
筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻インタラクティブプログラミング研究室 (University of Tsukuba)

たま水 ~しずくがうずく ぼくの水霊~
ある日の朝,ふと木々に目を向けると,キラキラと光る朝露.触れればたちまち消えてしまいそうな儚さを湛えながらも,ダイアモンドのように光り輝く水玉.そのような光景に目を奪われた経験はないだろうか. そんな儚い水玉が魂を持ち,まるで生き物のように命あるものとなったら,それはどんな動きをするのだろう? 水玉に魂を与える「たま水」で水(みず)霊(たま)の動きに触れてみよう!
粋動水
大阪大学大学院情報科学研究科 (Osaka University)

バーチャルドクターフィッシュ
フィッシュセラピーというものがある.フィッシュセラピーは人間にとってリラクゼーション効果といやし効果がある. このフィッシュセラピーを好きなときに行えるデバイスを開発出来ないだろうかと考えた. 名づけてバーチャルドクターフィッシュである. このバーチャルドクターフィッシュを用いれば,自分の望むとき望む場所で魚たちに癒されることができるのだ. ドクターフィッシュを経験したことがある人も,まだない人もこのデバイスで癒されて欲しい.
焼き魚定食
北陸先端科学技術大学院大学 宮田研究室 (Japan Advanced Institute of Science and Technology)

かつお節ディスプレイ
ご飯の上のかつお節が揺れる原理を応用し、生物的な動きを見せるディスプレイを開発した。 体験者が実際に触れることにより、見た目の美しさや、ディスプレイの独特な生物感を体験してもらうことを目的とする。
カツオモーション
電気通信大学 野嶋研究室 (The University of Electro-Communications)

ユース部門

電言板 ~手書きのぬくもり~

nukumori.jpg

メールよりも手紙の方が嬉しい・・・電子メールでのやりとりが主となっている今、こう思ったことはありませんか?電子メールのように便利で、手紙のように「ぬくもり」があるような伝達手段、それがこの電言板です。


SDG

木更津工業高等専門学校 情報工学科 (Kisarazu National College of Technology)

裾メモリー

suso.png

裾を引っ張られるという状況は創作物の中ではよく見かけますが現実でその状況になることはあまりないでしょう。では実際に引っ張られたらどう感じるのか、謎の箱を通して体験してみましょう。


アカデミックパック

東京工業大学附属科学技術高等学校 (Tokyo Tech High School of Science and Technology)

 
 

DCEXPOTV放送情報

DCEXPOTVにおいてIVRCが期間中毎日放送されます!

DCEXPO STUDIO

10/25(木) 16:00-17:00 ch1 (生放送)
なんとスタジオから生放送でお届けする出場者たちの生の声!レポーターは声優の有野いくさんです!
http://www.ustream.tv/channel/dcexpotv2012-ch1

 

展示レポート

10/26(金)10:00-15:00 ch1
実際の展示の様子を映像でお届け!レポータはやはりこの人!有野いくさん!
http://www.ustream.tv/channel/dcexpotv2012-ch1

 

表彰式

10/27(土)16:10-17:00 ch2 (生放送)
そして感動のクライマックス表彰式!半年に渡る戦いの勝者は誰なのか!お見逃しなく!
http://www.ustream.tv/channel/dcexpotv2012-ch2

I V R C  (c) 1 9 9 9  - 2 0 1 8